ゆらぱぱの写真日記

~愛犬ゆらと共に あちこち放浪しながら、見たもの 感じたものを写真と共に綴ります~

タマゴタケ

2015.07.10、笠間市 北山公園


タマゴタケとベニテングタケは、いつか見てみたいと思いつつも、なかなかその機会がありませんでしたが・・・。今日やっとタマゴタケに出会えました!

雑木林の歩道脇にポツポツ生えてました。朱色が鮮やかなので、すぐに発見できます。
柄は中空で、持つと軽く感じました。傘は脆くて、触るとバラバラに崩れてしまいます。色移りしやすく、触った指が橙色に染まりました。匂いは控えめで、ほのかにキノコ臭がします。


テングタケ属の中では珍しく毒が無く、食用として人気があります。旨味成分が豊富で、フライや炊き込みご飯、オムレツなどに合うそうです。


****************************************


似たキノコにベニテングタケ(毒)がありますが、私は未だ出会えてません(写真はウエブから拝借)。傘に白いイボがあるので区別しやすいと思いますが、このイボ(ツボの破片)は脱落することがあるので、そうなるとちょっと分かりにくいですね。


”ベニテングタケ”+”食べる”で検索すると、このキノコを食べた猛者達の感想がいくつかヒットします。旨味成分のイボテン酸を含むので美味しいそうですが、イボテン酸のNMDA型グルタミン酸受容体アゴニスト作用とムシモールのGABA受容体アゴニスト作用により、中枢神経の興奮と抑制が同時に起こるので、嘔吐/精神錯乱/幻覚を引き起こすとか。さらにムスカリン(副交感神経亢進による発汗、唾液増加)やアマトキシン(肝毒)も含むので 、いろんな症状が出そうですね~~(危
でも、ベニテングタケを食用としている地方や国はあるので、いつか出会えたら、調理法を調べたいと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。